山梨県9条の会

「山梨9条の会」は、日本国憲法第9条を守るため、「9条の会」の「アピール」に賛同し、これを山梨県内に広めることを目的としています。

最新情報

これまで護憲勢力が二派に分かれて憲法記念日の行事をしてきた山梨で、統一して憲法集会をすることになりました。

いうまでもなく、これまでにない憲法の危機、単に
9条だけでなく、立憲主義や民主主義という、近代国家に共有してきた普遍的な価値観さえも否定する安倍政権と政権与党の憲法観に対抗するためです。

自民党の憲法の勉強会で講師をしてきた憲法学者の小林節さんは、「自民党案なら日本は先進国の資格を失う」と危機意識を語っています。誰も疑わない日本憲法学の第一人者樋口陽一さんは、「自民党憲法案は、明治憲法回帰どころではない、慶安の御触書への逆戻りだ」と言います。


 

 やまなし9条の会は、この未曾有の日本国憲法の危機に遭遇して、当面はこの憲法集会の成功と、7月の選挙での野党統一候補の勝利に全力を傾けることにしました。

山梨で野党統一候補が実現した背景には、私たち市民運動の各党への粘り強い働きかけがありました。今度の参議院選挙で与党が
3分の2を占めることを阻止できれば、少なくとも3年間は安倍の身勝手かつ幼稚な改憲のもくろみを阻止することになるからです。7月選挙の運動が実質的に開始する5月に、大結集で安倍政権の出足を止めましょう。




国の主人公は私たち!平和といのちと人権を!

53憲法集会in やまなし

名称未設定-1
昨年9月、政府・与党は安保法制(戦争法)を、広範な国民の反対・疑問を押し切り、強行採決で成立させました。時の政権が、憲法を勝手に解釈し、憲法違反の法律をつくることは、立憲主義、民主主義を破壊するもので許すことはできません。これに対し、空前の反対運動が全国各地でまきおこり、「戦争する国づくり」許さない平和を求める声が、今

も日本中に広がっています。




明日の日本は主権者の私たちが創る!声をあげましょう!
2016年5月3日(火・憲法記念日)
11:00~12:00
集会後パレード
甲府駅北口よっちゃばれ広場


主 催  5.3憲法集会inやまなし実行委員会

          戦争させない・9条壊すな!山梨行動実行委員会

          私たちも賛同します! 

2016年2月20日、
天気予報通り大粒の雨が降る中、
最終的にはNOSAI会館研修室が満席に近い247名が結集し、
戦争法廃止への決意を新たにした。
P2200341
会は金野奉晴さんご夫妻の指導する歌声で始まり、主催者挨拶のあと、4団体の活動報告を受けた。P2200327p16220金野3
報告したのは、
①ママの会@山梨の深田智子さん
若者の代表として、YDA(ヤマナシ・デモクラシー・アクション)の雨松拓真さん
戦争させない・9条壊すな!山梨市実行委員会の矢崎勉さん
④武川・
白州9条の会の平賀千賀さん
の4名。

とくに深田さんは小学生の娘さんと一緒に登壇して、「
この子を殺させないために」と強くアピールした。

P2200329

小森陽一さんは、前日の2月19日に、
野党5党が戦争法廃止と国政での選挙協力をすることで一致したこと、これが、9条の会や総がかり行動実行委員会などの市民運動が実現の力になったことから話を始めた。
そして、
2013年暮の特定秘密保護法強行採決以降の安倍政権の一連の戦争が出来る国へ向けての策動をユーモアを交えて解説し、これに反対する市民の声がなお多数であること、これに貢献した新しい市民側の動きとして

①若者が立ち上がった
女性が立ち上がっ
③地方が立ち上がった
④伝統的保守層も立ち上がった

と4点の新しい動
きが戦争法廃止への結集を実現しつつあるとまとめた。
そして、
戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会が呼びかけている2000万署名をなんとしても成功させようと訴えた。

P2200344
 

↑このページのトップヘ