山梨県9条の会

「山梨9条の会」は、日本国憲法第9条を守るため、「9条の会」の「アピール」に賛同し、これを山梨県内に広めることを目的としています。

最新情報

IMG_1216 (1)
安保法制(戦争法)が強行採決で成立してから1年が経過しようとしています。

私たち山梨
9条の会は、「戦争させない・9条壊すな!」山梨実行委員会の構成団体として、毎月の19日集会に参加し、何回か責任団体となってこの運動を支えてきました。山梨実行委員会が働きかけて実現した野党統一候補宮沢由佳さんが710日の参議院議員選挙の山梨選挙区で与党候補に2万票以上の差をつけて勝利するという成果もありましたが、この選挙は全体としてみれば与党側に敗れたと評価しなければならないでしょう。

しかし、私たちと志を共にする市民運動の中から気運が生まれ、私たち市民が各党に働きかけて実現させた野党統一候補が実現していなければ、この選挙はもっと大差での敗北になっていたはずです。


 一定程度の議席を占めた安倍自民党は、選挙中は口をつぐんでいた改憲への動きを早速開始しています。8月初旬に行われた内閣改造でも、憲法改悪を中心になって画策している「日本会議」につながるメンバーで内閣と党の主要人事を固める「単色化」(山梨日日新聞84日)が目立ち、極右の姿勢が目立つ稲田朋美を防衛大臣に起用しました。
 

 私たちは、より危機が深まった情勢を受け、改憲を許さない闘いを強めるために、戦争法の具体的運用が問われる南スーダンをめぐる事情を学ぶと共に、自民党改憲案の危険な本質と、安倍が先ず手をつけようとしている「緊急事態条項」について学ぶ次のような特別集会を予定しています。


◆戦争法強行1周年特別集会
 

日時 2016919(月・祝)1416時半

場所 ぴゅあ総合大会議室

内容 学習① 「南スーダンの現状と駆けつけ警護」

       清水俊弘さん(日本国際ボタンティアセンター前事務局長)

   学習② 「自民党改憲案の本質と緊急事態条項」

       椎名慎太郎さん(山梨9条の会代表世話人)

   訴え  「戦争させない・9条壊すな!」山梨行動実行委員会の今後の闘い

       深沢久さん(実行委員会事務局長)

   発言  交渉中 


DSC_0027
 

昨年9月19日未明の政権与党による安保法制(戦争法)強行採決に怒りをもって抗議する毎月19日集会は、「戦争させない・9条壊すな!山梨行動実行委員会」に結集する「山梨9条の会」をはじめとする県内諸団体が責任団体となって毎月19日夕方に南口信玄公前広場で続けられ、今年3月からは郡内でも開催されてきました。

2016年6月19日3


参院選公示を控えた6月19日は、日曜日に当たることもあって、「19日行動」のひとまずの仕上げとして、北口よっちゃばれ広場でいつもより大きな規模での集会を計画、「山梨9条の会」もこれに参加して集会を盛り上げ、集会後には南口広場までパレードを行いました。
 

 集会の冒頭で、「山梨行動実行委員会」の共同代表でもある椎名慎太郎「山梨9条の会」代表世話人は、「この集会にも一緒に加わっている子どもたちが戦争に行くのか、戦後70年守られてきた平和の中で暮らすのか、大きな分かれ目に来ている。間もなく公示される参院選で野党統一候補を勝たせることが大切だ。この大きな闘いに勝利しなければならない」
と挨拶しました。また、県内で380日以上連日の粘り強い運動を展開している「明野・須玉9条の会」も地域の幹線道路で連日続けている「戦争法廃止」を求める運動の報告を行いました。


 集会の最後に、この日の午後に市内で講演予定の澤地久枝さん(「9条の会」呼びかけ人)がかけつけ、9人いた呼びかけ人が3人になってしまったけれど、2004年の呼びかけの精神を引き継いで違憲の安保法制廃止を実現しようと訴えて、参加者に大きな勇気を与えました。

2016年6月19日2jpg

2016年6月19日1

 

「5・3憲法集会inやまなし実行委員会」と「戦争させない・9条壊すな!山梨行動実行委員会」
が一体となって準備してきた『5・3憲法集会inやまなし』
5月3日午前11時から甲府駅北口よっちゃばれ広場で開催され、1050名が参加して
「戦争法廃止」
「憲法改悪阻止」
「参院選野党統一候補勝利」
の決意を参加者全員で確認したあと、南口経由で甲府市役所まで賑やかにパレードを行った。

この憲法集会は、これまで平和を希求する陣営が二手に分かれて開催してきた集会を、初めて統一して開催したもので、戦争法廃止を求める市民運動の盛り上がりで実現したものといえる。


盛り上がった統一集会

集会に先立って、10時半ごろから金野奉晴さんの指導で、「ふるさとは今もかわらず」や「手のひらを太陽に」などを歌う「うたごえコーナー」が進む中で参加者が急に増えた。

集会は実行委員会の椎名慎太郎代表(山梨9条の会代表世話人)の挨拶で開会し、
賛同人代表の伊藤洋さん(山梨大学名誉教授)、県弁護士会長松本成輔さん、そして、参院選野党統一候補として出馬予定の宮沢由加さんの順で挨拶をした。
8f47b3dd-3518-4433-bb18-68c05d3363a6
松本会長は、「安保法制は究極の人権侵害である。県弁護士会は廃止の活動をいっそう強める」と力強く語った。
宮沢さんは、子育て支援活動に長く関わってきた経験から、「安部首相は子どもたちの手に武器を握らせようとしている。未来ある子どもたちのために、国が間違った方向に行かないように頑張る」と決意を語った。
348b1064-898e-42d6-925a-fa65cf40b99b
これに続いて、各界代表が演壇前に並んで、一人2~3分で各々の決意や抱負をリレートーク式でスピーチした。

  1. 「山梨護憲の集い」から山田厚さん
  2. 「山梨憲法会議」から加藤啓二さん
  3. 「平和センター」代表手塚仁さん
  4. 「共同センター」代表千葉ようこさん
  5. 連合会長中澤晴親さん
  6. 「上野原9条の会」から小杉きくよさん
  7. 「安保関連法に反対するママの会」から菅原幹子さん
  8. 青年を代表してYDA(Yamanashi DemocraticAction)の中谷保喜さん
  9. 「四人から始める本気の会」の持原ひろみさん
以上であった。

続いて、3人の方からのメッセージが読み上げられた。
メッセージを下さったのは、衆議院議員中島克仁さん、元公明党副委員長で現在は茨城県市民連合共同代表として安倍政権に批判を強めている二見伸明さん、故菅原文太さんの夫人で県内で農場を経営している菅原文子さんである。

二見さんは、「立憲主義は民主主義国家の大原則です。これを無視し続ける安倍内閣は、ファッショ内閣であると断ぜざるをえません」「皆さん、安倍政権を倒し、改憲の野望・欲望を木っ端微塵に粉砕しましょう」と呼びかけた。

集会の最後に、別添の集会アピールを採択し、パレードにうつりました。
6a6c0269-834a-43f0-9a25-b81bfb51def9


◆賑やかにパレード

参加者は北口広場から舞鶴陸橋を渡って甲府城の脇の坂を降り、甲府駅南口から平和通を南に向かい、甲府市役所の先を曲がって市役所脇広場までパレード、
「立憲主義を取り戻そう!」、「「戦争法は絶対廃止!」、「選挙に行って政治を変えよう!」
などのシュプレヒコールをくり返し叫んで、沿道の人々にアピールした。

先頭が広場に着いてから最後尾が来るまで、10分以上かかるという、大勢の参加者が印象的であった。





◆集会アピール

歴史を創るのは私たち・・・参院選勝利で憲法改悪を止めさせよう!

昨年9月、安倍政権は国民の大きな反対の声を踏みにじり、憲法の平和主義を破壊し、立憲主義をないがしろにする「安保法制=戦争法」を強行しました。
アメリカの軍事戦略に進んで組み込まれ、アメリカの要請で、自衛隊をいつでもどこへでも派遣する「安保法制=戦争法」は憲法違反であることは明らかです。

「憲法9条の下では集団的自衛権は行使できない」という戦後60数年にわたる政府の憲法解釈を、一内閣の勝手な判断で覆すという立憲主義破壊の暴挙です。TPPや沖縄の問題を見ても、アメリカに従属する安倍自公政権が、国民の生命も暮らしも人権も守れない政権であることは明らかです。


しかし国民は決して負けていません。「安保法制=戦争法」廃止のために国民的な闘いが列島各地で続いています。主権者として民主主義を前進させる闘いが始まっています。

戦後かつてない新しい市民運動、国民運動が沸き起こり、各地域で豊かに発展しています。
憲法とは何か、民主主義とは何かをあらためて問い直しています。とりわけ多くの若者たちがこの闘いに参加していることに大きな希望を感じます。

このうねりが、いま全国各地で野党共闘に結実しています。参議院選挙の32の一人区のうち18選挙区で野党共闘が成立し、さらに広がりを見せています。山梨でも4野党の粘り強い話し合いの中で、「安保法制=戦争法」廃止、安倍政権打倒、子育て・介護・教育・雇用の課題解決などを柱に合意が成立し、参院選挙区選挙で宮沢ゆかさんを統一候補として擁立することになりました。

私たちはこの野党合意を歓迎し、共に力を合わせて参院選挙での勝利のために奮闘し、安倍政権の明文改憲の企みを断念させようではありませんか。

国の主人公は私たち国民です。
日本国憲法で謳われた「平和に生きる権利」「幸福を追求する権利」を真に実現するのは私たち主権者が自ら声をあげ続けることです。

多くの皆さんと連帯して山梨の地でも、「安保法制=戦争法」廃止の声を大きくあげていきましょう。7月の参議院選挙に向けて、立憲主義・民主主義を取り戻す大きな共同の輪を広げていきましょう。

2016年5月3日
5.3憲法集会inやまなし参加者一同 

↑このページのトップヘ