山梨県9条の会

「山梨9条の会」は、日本国憲法第9条を守るため、「9条の会」の「アピール」に賛同し、これを山梨県内に広めることを目的としています。

最新情報

市民の共同でアベ改憲NOを!
 2018県内9条の会交流会 
渡辺 治さん(九条の会)講演
改憲阻止に向けて各地の活動を学びあいましょう


安倍首相は年頭の会見で、あらためて2018年の9条改憲発議への意思を表明しました。

自民党は憲法9条の2項を残しながら、9条に自衛隊の存在を位置づけることを狙っています。そうなれば、2項を空文化させ、自衛隊の海外での武力行使の「制約」を取り除くことになります。しかし、国民の中には9条こそが、世界への不戦の誓いであり、日本の平和を守る力になってきたことに確信を持っています。最近の世論調査でも、「憲法9条の改正」は「必要ない」が53%になっています。

アベ改憲阻止の闘いは正念場です。
学び、交流して、3000万署名の成功、改憲阻止の闘いへの展望を共有しましょう!

日時 3月25日(日)午後1時30分開会
会場 ピュア総合大研修室 甲府市朝気1-2-2

講演 

かつてない市民の共同で安倍改憲にNOを 
~改憲のねらいと九条の会の役割~

名称未設定-2
渡辺 治さん(一橋大学名誉教授・九条の会)
1947年東京都生まれ。戸山高校を経て、1972年東京大学法学部を卒業。
73年より、東京大学社会科学研究所助手79年助教授。
90年から一橋大学社会学部教授。
2010年一橋大学名誉教授。
九条の会事務局次長として各地で講演。鋭い、深い分析は定評。
著書:「日米安保と戦争法に代わる選択肢」「憲法9条と25条・その力と可能性」「憲法改正問題資料」など多数。

交流

地域・職場のとりくみの報告 

よびかけ : 
山梨9条の会代表 椎名慎太郎・山梨女性9条の会
連絡先  : ☎FAX055‐275‐4854(戸田) mail:todayas@mtd.biglobe.ne.jp

20180220114818
2月19日午後6時から、「ぴゅあ総合」大研修室で、「安倍改憲NO! 3000万署名山梨市民アクション」のスタート集会が、定員180名をほぼ満席にする参加者を集めて開催された。

冒頭の経過と情勢報告で、準備委員会の椎名愼太郎委員は、昨年9月に中央で、瀬戸内寂聴さん、なかにし礼さん、澤地久枝さんら著名人19人を発起人として「安倍改憲NO! 3000万署名全国市民アクション」が設立されたこと、これには、これまで他団体との共闘をしてこなかった「九条の会」が、「戦後日本と憲法の最も大きな岐路である」として、加わっていること、3000万という署名の目標数には、昨年10月の総選挙で投票した5575万人の過半数を超える数字であり、これだけの署名が集まれば、いかに暗愚な安倍首相も発議を諦めるであろうという根拠があることなどを報告した。


今回、小さな違いを乗り越えて、「安倍改憲阻止」という1点で圧倒的多数の結集を実現するために、これまでこの種の活動で名前を出して来なかった方々も呼びかけに加わってもらおうと、準備関係者が懸命の掘り起こしを行い、109名という、目標を超える多様な呼びかけ人を集めることができた。

呼びかけ人の共同代表には、若手弁護士の雨宮拓真さん、学者代表として伊藤洋元山梨県立大学長、実業界から後藤臣彦さん、市民運動から菅原文子辺野古基金共同代表の4名が決まった。伊藤洋共同代表は登壇して、小学校1年の時に新憲法が制定されたというラジオ放送を聞いた記憶から、70余年を経て、この憲法が危機にあることを感慨深く語り、安倍改憲阻止に一致して立ち上がろうと参加者に呼びかけた。

集会には県内政党関係者も参加した。野党統一の参議院議員宮沢由佳さんは公務で出席できなかったが、思いのこもったメッセージが代読された。その後、民進党、共産党、社民党など5党の代表が壇上に並び、時間の関係で民進党の飯島県幹事長と共産党の花田県委員長が代表であいさつをした。

このあと、各地域で3000万署名に取り組んできた方々が、各自の経験を語り、市民アクションの結成宣言と行動提起を確認して、スタート集会は無事終了となった。

19日集会まであと2週間を切りました。
憲法改悪を防ぐには私たち一人一人の行動しかありません。
皆さまの参加をお待ちしています。いまこそあなたの力が必要です。

日程 : 2月19日
時間 : 午後6時~
会場 : ピュア総合大研修室

スタート集会3jpg





↑このページのトップヘ