山梨県9条の会

「山梨9条の会」は、日本国憲法第9条を守るため、「9条の会」の「アピール」に賛同し、これを山梨県内に広めることを目的としています。

最新情報

2014614日午後、樋口陽一憲法講演会第4回実行委員会が開催され、511日の「山梨・憲法を学ぶ会」の総括を行いました。

会場につめかけた約
500名の参加者は、ほぼ満足し、9条を生かし、70年近く掲げてきた平和主義を世界に新たな意味を込めて発信する決意を新たにしたと思います。

 

 樋口先生の講演「『戦後レジームからの脱却』の危うさ―未来に対する私達の責任」は、安倍首相のいう「脱却」が、戦後レジームにとどまらず、近代日本からの脱却であり、西欧世界が共通の価値観としている普遍的なものからの脱却であるということ、
イギリスの雑誌『エコノミスト』は「安倍政権を保守というのは、歴史修正主義への執着を見誤る。急進ナショナリスト内閣だ」と言っていること、
アメリカでさえいまの安倍政権の方向性を疑問視していること、などを分かり易くお話して下さいました。

菅原文太さんは樋口先生とのトークで、「戦争は誰も幸福にしない、戦争をしてはいけない」と体験にもとづいてしみじみとお話されました。

 

 参加者の感想には、樋口先生のお話がよく理解できたこと、文太さんのお話に感動したこと、大学という会場でじっくりと学べたことがよかったことなどが綴られていました。

 

 実行委員会の中で、この運動の継続として、815日を目標にした「意見広告運動」をしようと提案があり、「実行委員会有志」の提案として、各方面にアピールすることが確認されました。

5月11日の憲法講演会(憲法を学ぶ集い)は、600席の会場がほぼ満杯になる盛況で、
樋口先生のご講演、樋口先生と菅原文太さんのトークともに改憲を狙う政権の意図を的確に指摘し、
私たちが進むべき方向を示すものでした。

詳しい内容は追って報告します。今後もご注目を。

2014511日の講演会の予定がほぼ確定しました。

 

330日の第2回「講演会実行委員会」で、次のような内容が提案され、了承されました。

 

樋口陽一先生のご講演とあわせて、県内で農業を営んでいる、元俳優の菅原文太さんが登壇して下さることになりました。菅原文太さんは樋口先生と仙台一高の同窓で、親しいお付き合いをしておられるとのこと。当日は、お二人のトークの場面もあるかと思います。
 

会場を山梨学院大学メモリアル・ホールに変更しました。

511日(日)午後1時開場、1時半開演の予定です。


集団的自衛権を日本国憲法の解釈で、それも閣議決定で進めようという安倍政権の危険きわまる画策に、良識ある県民の大結集で
NOという意思表示を示したいと思います。



会場の山梨学院大学メモリアル・ホールは、中央本線酒折駅から徒歩
5分、駐車場も十分に確保してあります。参加自由、どうかお出かけください。



 

↑このページのトップヘ