山梨県9条の会

「山梨9条の会」は、日本国憲法第9条を守るため、「9条の会」の「アピール」に賛同し、これを山梨県内に広めることを目的としています。

最新情報

 本日正午、自民、公明の両党は衆議院安保法制特別委員会において、国民の多数が反対、あるいは理解不可能としているにもかかわらず、いわゆる安全保障法制案、私たちの呼び方では「戦争法案」の強行採決を行った。

この戦争法案は、「国際平和支援法案」と「武力攻撃事態法改正案など
10本の法律改正案を束ねた「平和安全法制整備法」から成っており、昨年7月1日に閣議決定された「集団的自衛権の行使容認」を法制化したものである。

これによって、
これまで個別的自衛権の発動に限定されていた自衛隊の活動を、新たな3要件なるものを示して、こういう条件があれば武力の行使ができると、これまでの枠をおおきく踏み越えた軍事活動に道を開くことを目的としている。これまでの衆院での審議過程で、この3要件なるものはきわめて曖昧であって、時の権力者の主観でどのようにも判断できるものであり、自衛隊の海外進出、武力行使になんらの歯止めもないことが明らかになった。

もとより、この法案は専守防衛を定める憲法9条に違反しており、決して許されるべきものではない。

 

 われわれ「山梨9条の会」は、アジアにおける多くの人々に犠牲を強いた15年戦争の反省のうえに成り立っている憲法9条を守り抜き、人々が平和のうちに暮らすことのできる環境を守るために山梨県民により結成された会である。
このような本会の趣旨目的からするならば、今回の強行採決は決して容認することはできず、抗議するとともに、本法律案の撤回を強く要求するものである。本会は如何なる状況にたち至ろうと本法律案の廃案のために全力を尽くすことを宣言するものである。
 


2015
715

山梨9条の会 呼びかけ人代表  椎名慎太郎

連絡先09025539092

山梨県弁護士会主催の市民集会に県内のさまざまな団体が連携して大きな結集を図るものです。

山梨県9条の会も「『戦争させない、9条壊すな!』山梨行動実行委員会」に参加して、大結集のお手伝いをすることになりました。

昨年7月に行われた「解釈改憲」(憲政上ありえないインチキ)を具体化する「戦争法案」は
戦後70年戦争をしないできた日本をアメリカの世界戦略に盲従して戦争の道に踏み出させる稀代の悪法です。
全国的に起こっている大反対の波を山梨にも広げよう。



なお、これに先立って、山梨県弁護士会は次の講演会も企画しています。
これにも参加しましょう。

6月13日(土)午後1時半~ 小林節講演会 山梨学院大学16号館102教室

 

20150523











































◆緊急のお知らせ①

5月21日(木)午後6時半

学習会「戦争法案の危険性を知ろう」

ピュア総合小研修室解釈改憲で憲法9条を空文化する「集団的自衛権容認閣議決定」を具体化する戦争法案について1時間ほどの学習会を行います。

これは、お知らせ②にある山梨県弁護士会主催の「戦争法案阻止市民大集会」準備活動の一環として、通常は「9条の会世話人会」の内部の学習会として行われているものを広く公開し、参加を呼びかけるものです。

講師は9条の会代表世話人椎名慎太郎先生。

参加自由。



緊急のお知らせ②

6月20日(土)午前10時半~12時 甲府駅北口広場

「戦争法案阻止市民大集会」(仮題)によっちゃばれ!

山梨県弁護士会主催の市民集会に県内のさまざまな団体が連携して大きな結集を図るものです。

山梨県9条の会も「『戦争させない、9条壊すな!』山梨行動実行委員会」に参加して、大結集のお手伝いをすることになりました。

昨年7月に行われた「解釈改憲」(憲政上ありえないインチキ)を具体化する「戦争法案」は戦後70年戦争をしないできた日本をアメリカの世界戦略に盲従して戦争の道に踏み出させる稀代の悪法です。
全国的に起こっている大反対の波を山梨にも広げよう。


なお、これに先立って、山梨県弁護士会は次の講演会も企画しています。これにも参加しましょう。

6月13日(土)午後1時半~ 小林節講演会 山梨学院大学16号館102教室

↑このページのトップヘ